MESSAGE

福岡市西区 今宿いしもと歯科医院の診療内容

 

診療科目


小児歯科・歯科・歯科口腔外科

診療内容


小児歯科・予防歯科・歯周病・義歯・インプラント・審美・

ホワイトニング・かみあわせ・有病者歯科治療・訪問歯科

小児歯科

当院での小児に対しての対応は、押さえつけず無理やりにはしないが基本です。
しかしながら4歳以下の小児の対応は難しくなってきます。各器具の使い方をみせながら恐怖心をとりのぞきゆっくり理解させながら治療していきます。

過去18年間小学校の隣という立地で開業していて、大変多くの小児に接してきた経験上、乳歯だけの乳歯列期(約6歳まで)、乳歯と永久歯が混在する混合歯列期(6歳から12歳くらいまで)、永久歯に生え変わってすぐ(中高学生)がどの様な状態の時に虫歯になりやすく、歯肉炎を引き起こしやすいか診てきました。
これらをいち早く発見し予防していき、定期検診を行うことにより大人になっても口腔内管理ができる子供を育てていきたいと思っています。

小児学童期(4歳から12歳)につけた習慣というのは、思春期で一度しない時期が来ても必ず習慣を取り戻します。気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

予防歯科

歯の健康を維持するには、定期的なメンテナンス(リコール)を受けることが大切です。
家庭では磨けてない部位のプロによるクリーニング、ブラッシング指導を数カ月に一回受けることで、むし歯や歯周病になりにくいことが実証されています。

お子様には虫歯予防としてシーラント、フッソ塗布を行っております。6歳頃生え始める子供の奥歯は、溝が深く虫歯になりやすいのです。そこで、シーラントという樹脂を溝に埋め込み、虫歯を予防します。また定期的なフッソ塗布も虫歯予防に有効です。

歯周病

歯周病は日本人の80%以上がかかっていると言われています。初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、以下のような自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している事が多いのです。
症状が進行すれば、最悪、抜歯しなければならないこともあります。予防と早期の治療が大切です。

<歯周病の症状 例> 
●歯ぐきからの出血 ●口臭 ●口の中がネバネバする ●歯ぐきが腫れる ●歯ぐきが下がった ●歯がグラグラする 

インプラント

今までに300本近くのインプラント治療をしてきた実績をもとに、的確な審査診断を行います。再生療法により数多くのインプラント治療が可能になりました、しかし歯がない方の全てができるわけではありません。
平成14年にインプラント治療をはじめ16年間のインプラント生存実績をもとに、インプラント治療が最適かどうかをはじめ、様々な提案ができると思います、お気軽にご相談ください。

歯科

虫歯の治療、歯周病の治療予防、入れ歯や差し歯の治療をはじめ、様々な治療に取り組んできました。
この10数年はこれらの病気が歯ぎしりや噛みしめと密な関係にあると考えています。多くの患者さんの口腔内の状態を永くにわたって診させていただいた経験をもとに、歯だけを診るのではなく患者さんの生活背景や性格等も踏まえ口腔内が安定するよう治療を心がけています。

また九州大学病院でも有病者に特化した歯科治療を行っていました、近年の高齢化により様々な病気を持たれた方の歯科治療にも対応できる医院です。